ギリシャ神話のヘルメス(マーキュリー)の持っている杖、カドゥケス
ってなんなんですかね?
気になるので情報をおねがいします。
コメント一覧
杏沙子2021-10-12 01:24:33

お昼寝でしたか。もう起きた?

37につづき、
カドゥケウスといえばこの絵が感慨深いです。
http://www.fire-serpent.com/post/gemeos.jpg
杖の頂点って宝玉だと思ってたら円形の鏡でもあって
双子あるいはシャム双生児のアダムとイヴを象徴しとるんだ
http://www.nursinggifts.com/images/largecaduceussocks.jpg
この靴下がかわいい

林健2021-10-12 01:27:36

はっきり言っていいか?
このスレは幸福の科学信者が立てたんだろ?

石橋杏奈2021-10-12 01:30:39

幸福の科学はカドゥケウスに精通してんの?

チソン(SM Rookies)2021-10-12 01:33:42

☆貴方の見たい娘がいっぱいです☆
http://endou.kir.jp/yuminet/link.html

須田アンナ2021-10-12 01:36:45

http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

前田五郎2021-10-12 01:39:48

定期的に立っては無視される「ヘスティアうんぬん」って
スレッドも間違いなく宗教関係なんだな。幸福の科学信者の
可能性もある。あの宗教はエセ神話学をオカルト風味に
解釈してるイターーいとこだからな。カドケウスに執着
してるのは、あそこの御本尊がヘルメスと関係があるから。

木村カエラ2021-10-12 01:42:51

http://kojiro.free-city.net/page003.html

春田純一2021-10-12 01:45:54

>44
「私はヘルメス」といってるくらいだからなー。
まあ現代のビジネスライクな新興宗教の狭義は別にしても、
カドゥケウスの存在は昔からずーと存在してるわけで
ギリシャ神話やケルティックな民族性を濃厚にはらんでいるシンボルとして
この板に立っててもなんら不思議はない。
ディープな切り口で分析すると(DNAのような遺伝的な象徴だとか言った)
結局科学を超えて生命信仰の域にまで及んでしまい、ドライな先入観を持つ
人達は拒絶反応を示しがちなのは分かるけども。
民族学や神話学を研究するならもっとトライバルに想像力を働かさないと
民族の本質やその心はは理解できないんじゃないの?

樹里咲穂2021-10-12 01:48:57

民俗学や神話学を研究・・・学問そのものを研究するのですか。
なかなかですね。

土佐有輝2021-10-12 01:52:00

>48
学術体系を信仰する人達は、その価値観に囚われる。学徒のジレンマ。
それを打破するには、個々のインスピレーションが絶対必要。
本来神話や民族意識とは、スーパーナチュラルなものだからね。

本郷理華2021-10-12 01:55:03

ま、学者たちは信仰を打破するために日々励んでいるわけですが。
オルタナティヴな道を探ったとしても、それが正しいとは限らないわけで。
>スーパーナチュラルなもの
じゃなくて、「幻想」でしょ。神話はもちろん、「民族」なんてものもさ

役所広司2021-10-12 01:58:06

http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

森下能幸2021-10-12 02:01:09

>49
それは言い得てますね。
サンスクリット語で「マーヤー」とは「幻想」を意味するが
メソアメリカに栄えた古代マヤ文明は、この世界全ては完全なる幻影
だということを確信していたし。そしてその世界において個々の授かる
インスピレーションこそが幻想を超えられるという事さえも
完全に自覚していた。銀河の神聖暦の歯車の歯のひとつとして駆動する
個々のインスピレーションが、ナチュラルな覚醒社会を築いていた
その奇跡的な文明の軌跡は、今も暦として脈々と続いている・・・。
DNA塩基や易経とも完全なる符号を見せるその暦は、カドゥケウスが
奥義的象徴であるという可能性を照らし出す。
マヤの虹神である「天空の蛇」ケツァルコアトルは、
二重螺旋の蛇が翼の生えた宝玉を昇華させるカドゥケウスのヴィジョン
とあきらかに共通した点がある。
マヤの暦は、二つまたはそれ以上の暦の時間サイクルを重ね合わせた
シンクロニゼーションにより太陽系の惑星サイクルを人に想起させるが
ヘルメス(マーキュリー)の杖カドゥケウスにも、そのイメージが
見て取れると思う。

島元雅夫2021-10-12 02:04:12

また、サンスクリット語での「マヤ」さらにを掘り下げると、
「偉大な」「調整、測定」「心」「魔術」そして「母」を意味する概念
に辿り着く。マヤとは仏陀の母の名前(摩耶/maya)でもあったのだ。
そしてヴェーダの古典「マハーヴァーラタ」では、マヤという言葉は
特筆すべき占星術師=天文学者、魔術師、建築家、さらには彷徨える
航行者の偉大なる部族の名称ともなっているのだ。
古代インドだけではなく、古代エジプトにも、その言葉は見つかる。
ツタンカーメンの出納係(乳母という説も有)はマヤと名づけられて
おり、エジプト哲学でマイェットという言葉は、普遍的な世界秩序を
意味している。またギリシャ神話では、アトラスとプレイネオ、及び
ヒアデスの姉妹などを含む七人のプレアデスの娘達の中にマイヤが
おり、同時にその名は星座プレアデスの中で最も明るい星としても
知られている。さらに、月の名称の五月(may)も、ローマ神話の女神
マイアに由来しており、それは「偉大なるもの」「春の女神」の意味
を持ち、神話上はファウヌスの娘であり、またバルカンの妻という
ことになっている。
話を中央アメリカに戻すと、マヤという名前はマヤブ(マヤム)という
言葉から来たものであり、それはマヤの生態地域的な中心地となる
ユカタン半島を指し示す語である。「マヤン・ファクター」より

いやー勉強になりますこの本。オススメ!

宮崎駿2021-10-12 02:07:15


 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

ファン・ジョンウム2021-10-12 02:10:18

http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

竹内愛紗2021-10-12 02:13:21

http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

影山優佳2021-10-12 02:16:24

カドゥケウスからマヤへインドへギリシアへ・・・。
やっぱり行き着く果てはエジプトか。フラワーオブライフ!

玉春日良二2021-10-12 02:19:27

サンプルムービー見てタダ抜き
http://www.k-514.com/sample/sample.html

高木大成2021-10-12 02:22:30

 

長谷川芳明2021-10-12 02:25:33

 

似鳥昭雄2021-10-12 02:28:36

で、ああいう書き込みをすると、”お前だって加○田利用してんじゃん!”
とかガキみたいな事を言うやつがでてくるのは予想済みなんだよね。
本当にレベル低い市民だよな。

大橋和也2021-10-12 02:31:39

間違えた・・・(汗)

コカドケンタロウ2021-10-12 02:34:42

カドゥケウス=アヌビスという香具師の発想。

デビサマソウルハッカーズ

アヌビス魔晶変化

カドゥケウスゲトー

かと思われ。