先日BSで史上最大の作戦が放映されていたがふっと思ったがもし原爆が開発が遅れ、昭和20年10月、11月と南九州上陸と関東地方上陸が決行されていたらどうなっていたのだろう、確かコロネット作戦とオリンピック作戦と記憶しているが、やはり松代に移して続いていたのか、又そんときは分断されていても政府は存在していたのか、うーん疲れた誰か明快な答えをー
コメント一覧
細川成也2021-10-13 04:31:41

>16
あび氏のファンです。おっしゃること、だいたい想像つきます。
あの人は、本当、芸術家タイプなので、実生活方面の不都合は、多少、目をつぶってやってください。

国松長官狙撃事件のとき、彼は「長官狙撃をハイドリッヒ暗殺、上九捜査をリデンツェ報復」に
たとえるコメントを某コミック誌(笑)にあげたとき、ファンであるぼくも、目を覆いました。

でも、まあ、ファンとしてつらいところです(笑)

杉田二郎2021-10-13 04:34:44

架空戦記か
かんべむさし著
「激烈、日本シリーズ」

カルリ・ロイド2021-10-13 04:37:47

やっぱり「連合艦隊ついに勝つ」でしょー。

中村里砂2021-10-13 04:40:50

檜山良昭氏の「日本本土決戦」は私も読みました。
秋水や四式中戦車が戦力化されているあたりに甘さも感じますが、そんな
些細な事はどうでも良いぐらいの力作だったと思います。
(あれは、まさに「シュミレーション」と呼べる作品だったと思います)
それと彼の仮想戦記小説にはレイプが出てくるのですよ、これは戦場での
人間心理として彼の作品の生々しさを増していると思います。

あれは焦土の関東平野が脳裏に浮かんでくる本でしたね。
(あの頃の仮想戦記は真摯な作品が多くて良かったなあ)

矢島悠子2021-10-13 04:43:53

百式機関短銃なんて2万丁以上造られたのに本土決戦に備えて
挺身隊以外はほとんど使われなかったんだよね。
もったいない。
(まあ、使用されていても戦局に与える影響は皆無だろうが・・・)

岩渕香里2021-10-13 04:46:56

なんか日本を四分割する案がありませんでしたっけ?
北海道と東北がソ連、関東と近畿が米、
中国が中国(ひどい冗談だ)、九州四国が英。

関口アナン2021-10-13 04:49:59

>沖縄戦の悲劇が全国レベルでなされることになったでしょう。

これは間違いありませんが

>沖縄県民並の反軍感情が日本全体に形成されたろうな。

こっちは違います。これは本土で熾烈な戦いを行い、夥しい犠牲を出した
ドイツやソ連、ポーランドまたは南北朝鮮を見れば明らかです。
沖縄の反軍感情はむしろ「平和ボケ」のたまものです。
仮に日本本土決戦が起きた結果として、日本本土が米ソに分割されるよ
うなことになっていれば、憲法9条など有り得ず「反軍感情」もなかっ
たことでしょう。

岡崎百々子2021-10-13 04:53:02

>16 自営業さん
中村さんにはイベントで二回ほど会って、少しだけ話したことがあります(ファンなので(笑))
見た感じ、普通の人でした。(劇画より見た感じ体重増えてますね)
劇画と一緒というわけは当然無いわけですけど、同じように見られるのは極端に嫌がってる
かんじでした(笑)って、あたりまえか(^^;

クリスティーナ・ガオ2021-10-13 04:56:05

>24
>> 沖縄の反軍感情はむしろ「平和ボケ」のたまものです。
これには同意するのですが、
>> 憲法9条など有り得ず「反軍感情」もなかったことでしょう。
には少し違った意見を持ちます。

この想定での日本と同様の立場となったドイツの場合、戦後処理の段階で
「誰がドイツに不幸を招いたか?」という問題が出てきた際にナチスの方
に責任追及が向きました。ドイツで妙な反軍感情が生じなかったのはこれ
が理由の一つと考えます。代わりに軍隊を統帥する側(てゆ〜か国家権力)
に対してのチェックは厳しくなりました。

日本の場合、戦前に軍部が政治に大きく介入してしまったため、戦後の日
本軍がイヤでも厳しい目で見られることになると思います。が、決して軍
隊が不要という考えは広まらないでしょうから、現代の日本とは異なり、
「必要悪として認めるが、それ故に監視(管理)する」というような別な
意味での「感情(反感も含みます)」が生まれると思います。
あと同時に、そういう感情を基に「商売」をする人達も出てくるでしょう。
でも、今の情緒的反軍感情よりもこっちの方が数倍マシかも。
少なくとも、「正面切って論議の対象としよう」という空気は生まれるでしょうし。

あ、本土決戦があった方がいいなんていってるわけじゃないですよ(^^;

平野紫耀2021-10-13 04:59:08

本土決戦が行われたら「エルベの出会い」は
どこになったのでしょうか?
ソ連は半島経由で福岡から上陸するのでしょうか?
するとアメチャンは九十九里あたりですか?

「大井川」辺りで握手なんですかね?

ベルリンの壁ならぬ
東京の壁はどの辺りに作られるのかしら…

玉木宏2021-10-13 05:02:11

 村上龍の「五分後の世界」には本土決戦の結果、原爆5個投下・列島
5分割・日本軍はシェルター国家から徹底抗戦、米軍上陸は九十九里浜
と言うことになっており日本はさながら「ユーゴスラビア状態」に…。

KABA.ちゃん2021-10-13 05:05:14

米兵は手裏剣で皆殺しです

高橋七実2021-10-13 05:08:17

那霧って何だよ...
霧島那智だろうが変な略し方するな(藁

平岡祐太2021-10-13 05:11:20

>21
シュミレーションですか、「シミュレーション」ではなくて

加地亮2021-10-13 05:14:23

>31
ごめんシミュレーション[simulation]と書くべきでした。
(癖なんですよ)

青島広志2021-10-13 05:17:26

帝国海軍忍者部隊があれば帝国は勝てたのだ!

阿知波妃皇2021-10-13 05:20:29

つまり「1億総忍者化」すれば本土決戦の勝利はおろかアメリカ逆侵攻も
夢ではなくなる訳ですね。

上陸した米兵を捕らえて、これになりすまして少しずつ日本忍者兵に上陸
部隊をすり替えて行って、ある者は負傷したふりをして米本国に送還され
ある者は兵員交替時に本国へ戻り、そこで時期を見て一斉蜂起すればワシ
ントンの1個ぐらいは簡単に取れると・・・

素晴らしい!、素晴らしすぎるぞ!!、霧島那智の帝国忍者部隊。

岸田晃司2021-10-13 05:23:32

存分に笑え

http://www02.so-net.ne.jp/~muraji/esekakuu/ninja.htm

河島あみる2021-10-13 05:26:35

>35
そこは余りにも有名な霧島書評サイトだ。
こないだ霧島の若桜木が自爆したときに大ブレイクしたな。

齋藤彩夏2021-10-13 05:29:38

確か北海道の分割案はあったよね。
スターリン嫌いのトルーマンちゃんが
Noといってくれたお蔭で助かったけど。

福田恵悟2021-10-13 05:32:41

1を立てたものです。俺も檜山良昭の初期3部作???アメリカ、ソ連、日本本土決戦を読みましたが今も昔もリアリティがあるのは日本、、くらいかな、諸葛孔明が生き返って連合艦隊長官になるってトンでも本が作った志茂田ちゃんとくらべると失礼かなってか。まあ知ってるつもりに出た藤森中佐がスイスからアメリカ仲介役のダレス機関を通じて米軍の輸送機で直接本土に行って交渉するが失敗、最終的には松代大本営で天皇および側近者達が大爆発を起こしその中で生き埋めという話でなぜか首都防衛軍の司令長官は石原莞爾であったりしてでもまー15年以上前で読んだ本を覚えていることはよほどインパクトあったんでしょうね、ちなみにこの本では昭和20年10月種子島に先行上陸して日向灘、志布志湾、吹上浜に上陸関東は九十九里浜、相模湾に上陸ってシナリオで最後は釧路までがソ連の領土で東北地方までが日本人民共和国になるってこわーいこわーいお話です。まっ結果的には蜃気楼首相のように国体は維持できたか難しいかも

KENJI032021-10-13 05:35:44

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9940515197

平成の日本本土決戦

櫻井健一朗2021-10-13 05:38:47

天皇まで玉砕させた架空戦記は日本本土決戦しかみたことがないのだが
どうだろう?
他にあるなら教えて欲しい。

摩耶かほり2021-10-13 05:41:50

>37
ロシアン・ヒムラーのベリヤちゃんもそうだったかな?
違ったらごめん。