国連の予想では、2050年には世界の人口は、100億人を突破し
2050年までに増加すると予測される47億人のうち、
97%が途上国において生じると見積もられている。

うーん。やっぱり途上国にミサイルでも打ち込まないと
解決できないんですかねぇ?
しかし、マジで食料とかどうするつもりだ? 大体、
地球は100憶人も養える程のスペックがあるのか?
コメント一覧
渡邉哲也2021-10-14 06:54:17

>「軍事」って、結局、自分や自分の仲間が生き残るために、
>いかに他の者を殺すか、っちゅうことやろ。
悪意の飛躍である。
軍事をどうしても「他者を殺す」という話だけに集約したい
だけの暴論だ。警官の拳銃を見て「他者を殺す」と言ってい
るのと同じ。 もっと広く考えるように。

ロミー・シュナイダー2021-10-14 06:57:20

う〜ん。
結局『軍事』っていう一言の中に『侵略』と『防衛』が同居
してるから、すべての話しがややこしくなるんだよね。
きょう日『侵略戦争』を肯定するひとは基本的にはいないだ
ろうし・・・。
建て前論的ではあるけど、『軍人』は『人殺し職人』ではな
くて、『武器』は『人を殺すための道具』ではない、ということを大前提にしないと話しにならないって。

第二次世界大戦でも人口は1割も減ってないね。
核を使わず人口を減らそうには相当やらないと

辻梨恵2021-10-14 07:03:26

 だけど人口が大量に減るような戦争ってのは国対国ではなく
内乱が多いね。
 で、それがおきた原因がカリスマ指導者の死去もしくは追放
辛うじてカリスマの恩寵により統合されていた諸民族間の憎悪を
あおる。宗教間の憎悪を煽る。
 その点から見ると御左さんは努力してるね。

RAIKA(CYBERJAPAN DANCERS)2021-10-14 07:06:29

私は43さんの言った

>「軍事」って、結局、自分や自分の仲間が生き残るために、
>いかに他の者を殺すか、っちゅうことやろ。

ってのは本質をついた発言だと思いますよ。
ただ46さんはその意見を「悪意の飛躍」だと言いますが、
私はその意見を悪意と取りませんでした。
だって現実の世界は「自分や自分の仲間が生き残るために、他者を殺す」
ことは必ずしも悪ではないでしょ。(平和ボケしてる日本の「常識」では
そうじゃないかもしれませんが)
どんな完璧な専守防衛ができたとしても結局は攻めてきた相手は「殺す」わけ
なんですから。ただその場合の「殺す」も43さんは悪と決めつけての上での発言
なのでしたら、それは違うと私は思います。それこそどんな民族にも生存本能は
あるんですから。

青島広志2021-10-14 07:09:32

20世紀の場合、内乱というよりも、スターリン、毛沢東、ポルポト
という共産主義国家の権力者が自国民を虐殺したものの方が数的に
は内乱より多くの死者が出ているのでは?

北の湖敏満2021-10-14 07:12:35

BGさん>

>『軍人』は『人殺し職人』ではなくて、
>『武器』は『人を殺すための道具』ではない、
>ということを大前提に・・・

(BGさん自身も建前論とはおっしゃってますが)こういう建前論は
やめたほうがいいと思います。
「戦場」でより多くの人間を殺せる人間が「優秀な軍人」であり、
「武器」はどこまでいっても「人殺しの道具」です。
通常の神経の持ち主なら誰しも人を殺すのは嫌なはずです。大事なのは
その嫌な行為を軍人さんが誰のためにやっているのかをその軍人さん
の故国の国民が考えれるかどうかだと思います。

加藤シルビア2021-10-14 07:15:38

 >51
確かにそうですね。では、その次に多いという事で。

 ただ、其の指導者達があちらこちらに手先をばら撒いて
内乱を起こしてまわってるのも問題でしょう。

スターリン→(方法論と組織の指導及び軍事援助)毛沢東→(軍事援助及び思想)ポルポト

見事に繋がっているようにみえるのですが。

 

田口達也2021-10-14 07:18:41

>50さん
『戦場ではたくさん殺すのが優秀な兵隊で、武器はどこまでい
っても人殺しの道具』
それは判っています。
ワタクシが言っている『建前』も、『戦争』そのものの『大儀』
の事です。
『守るべきもののために戦う』という意識じゃないと、実際に
矢面にたって人を殺さなければならない『軍人』はたまらない
でしょう。
そのための『軍人』と『武器』に対する、『守られる側』のワ
タクシ達のあるべき『考え方』を言ったまでです。
『甘ちゃん平和論者』のつもりはありませんが、今の自衛隊員
や、彼らが装備する武器に対して、そういう考え方をするのが
最適だと思い、ああいう書き方になりました。

飯島真理2021-10-14 07:21:44

>BGさん
了解しました。こうして考えるとベトナム戦争の時、祖国のためと思いながら
戦いつつもいざ帰還したら自国民からも単なる人殺し扱いされたベトナム帰還兵
は哀れですね。
でも日本の場合、第二次世界大戦での日本軍兵士は全て殺人鬼であるかのような教え方を
戦後の教育で教科書を使ってまで教えているので更にたちが悪いと言えるかもしれないですね。
今の歴史の教え方じゃ死んで行った日本兵の人達も報われない気がします。

山口多聞2021-10-14 07:24:47

>でも日本の場合、第二次世界大戦での日本軍兵士は全て殺人鬼であるかのような教え方を

時のアホな為政者・軍人にだまされたかわいそう方達と習いました。
二度と騙されないようしっかりした日本人になりましょうと習いました。

近田雄一2021-10-14 07:27:50

ちょっと前の話に戻りますが、たしかに、かつて
・戦争によって世界人口が激減したことはないし、
・人口減を目的とした戦争もなかった
はずです。ナチのユダヤ人虐殺も、戦時中に発生しただけで、
国内問題といってもいい(だからといって許されるものではないが)。

でも、今後人口爆発が続いて、人類の存続が危機に瀕したとき、
力のある国が、「自民族の存続のために」人口減を目的とした
戦争もしくは類似行為を起こさないとも限らない。
もっともらしい理由をでっちあげれば、
民主国家でもそれをやらないとはいいきれまい。

神農直隆2021-10-14 07:30:53

軍事は外交の道具、こちらの言い分を通すためのもので
人殺しと直裁的に表現を狭める必要はない。
このような見方は物事の本質を逸らしてしまうような気がする。

戦後、共産主義の犠牲になった人間は少なくとも二億以上、五億は超えないでしょう。
別に人口減少を意図してた訳ではない、っていうかむしろ逆だが
それでもこの位です。

いかにもスイス人のやりそうな事。
http://news.yahoo.co.jp/headlines/mai/000123/dom/07270000_maidomm143.html

宇津宮雅代2021-10-14 07:33:56

JINさんへ:
たしかに外交の道具としての側面もあるので、「軍事=人殺し」ではないですね。
むしろ、「軍事=人殺しの能力」と捕らえるべきで、
この能力をちらつかせるだけのときもあるし、行使することもある。

スイスの記事、知らなかった。出所も一応確からしいし。

星奈津美2021-10-14 07:36:59

出遅れたので気になった部分にだけレス。
43の
> 「軍事」って、結局、自分や自分の仲間が生き残るために、
> いかに他の者を殺すか、っちゅうことやろ。
これにだけ一言、私も言いたいですけど。
違いますよ。軍事は政治的な目的を達成する為の手段の一つです。
軍事行動と言っても与えられた目的が達成出来れば戦闘なんてしなくて
いいんです。
軍事行動って戦闘が目的なんじゃなくて、戦闘は与えられた目的を達成
する為のこれまた手段に過ぎないんです。
で、軍隊が装備する兵器ってのは、その戦闘って手段の中で相手に勝つ
為の道具であって、効果的に効率良く人を殺せる様に考えられているの
は、その戦闘に勝つ目的の為の機能の一つなんです。
(ただ軍隊もピンからキリですけどね、上はきちんとした政治体制下で
 管理されている軍隊の場合です。それでも末端のレベルでは掠奪や
 掠殺が起きますが、これは本来の軍事行動の目的とは別の理由で発生
 するもんです)

で、本題の「人口増加」に対して「軍事行動で人減らし」ですが、
目的として軍隊にそれを与えれば、彼らは自分達が持つ兵器で最大限
に効率良くそれを遂行するでしょうけど・・・・ただ、私は非常に効率が
悪い解決手段だと思いますけど。
(効率の問題か?って話しもありますが・・・まあドライに考えたらね)

藤岡重慶2021-10-14 07:40:02

戦争とは手段であって目的ではない

をさらに進めて

人口削減は手段であって目的ではない
とは考えられんでしょうか。
1を見る限り、人口増加に伴う食糧、エネルギー不足を問題にしてるように思えます。

人口増加が著しいのは発展途上国で、使える資金は限られているんだから
こちらの取り分が減る訳ではない。だったら何も関係ないんでは。

佐藤晴美2021-10-14 07:43:05

人口については、マルサス(「クス」じゃないよ)の「人口論」が詳しいです。
適度な人口増加は、発展にとって有効だそうです。

発展途上国で人口が増加しているのは、急激な医学と衛生の進歩によるところに、
かつての「多産多死」の伝統が生き続けているところに原因があります。。
つまり、「多死」がなくなり、「多産」してしまうという事です。

森麗勇気2021-10-14 07:46:08

軍事オタクなサラリーマンさん: Agreeです。(59見てくださいね)

JNさん: でも、増加した発展途上国の人口が、難民としてなだれ込んだり、
環境を破壊したり(焼畑農業とか)、
海賊行為をしたり(日本は結構これが怖いはず)、
先進国に影響を与えることも考えられませんか。

ぽぽいさん: 医薬品だけでなく、
コンドームも援助しないといけませんね...。

カン・スンユン2021-10-14 07:49:11

『コンドーム支給』は、実際に中国、アフリカ諸国で行われた
ことあり。
でも、その意義についての教育も平行して行われなかったため、
その新しい『避妊』という習慣が理解されず、失敗に終わった
そうです。
『まず教育』なんだろうけど・・・ そんな気の長い話し、間
に合うのかどうか・・・。

野々村真2021-10-14 07:52:14

>63
私の想像力が足りないからか特に影響は考えられません。
生態系にまかせておいて問題無いでしょう。
なにより日本は島国ですし、経済難民を受け入れる義務はないし。

これを一国平和主義と・・・

多産を抑えるための避妊具の支給はあまり効果がないそうです。
男性側の主体性に期待するコンドームは、なくてもやるときはやるので、
女性側の主体性に期待するということで経口避妊薬を支給しないと効果
がなかったそうです。ところが、米国のある財団がインドに支給してい
る薬は効果が高いが副作用が強いということで支給停止状態だとか。

すでに軍事の話題ではありませんね。

原田文明2021-10-14 07:58:20

JNさん: どこかのスレッドにありましたが、
北朝鮮や中国からボートで大量に難民が殺到したとき、
日本は対応しきれるのでしょうか。
幸い、アフリカからは遠いですが...。

66さん: こういうのはどのジャンルのスレッドに行けばいいんでしょう?

小出恵介2021-10-14 08:01:23

「国際情勢」の掲示板ではどうでしょう?
やはり軍事からはすこしずれているのでは。

笹丘明里2021-10-14 08:04:26

68さん:

ありがとうございます。

#でも、海江田艦長も、「優秀な軍事人は、また同時に
#優秀な政治家でなくてはならない。」ともいってるし。