8 名前: 陸軍省もサヨク? 投稿日: 1999/12/18(土) 01:19

「支那事変の経験より観たる軍紀振作対策」
(陸密第一九五五号/昭和十五年九月陸軍省)


本册は支那事変の経験に基き軍紀振作上主として軍隊に於て著意すべき事項
を記述せるものにして内容更に推敲の余地あるも教育指導の参考として印刷
に附することとせり


緒言

二、支那事変間に於ける犯罪、非行の特色

 支那事変間における犯罪、非違の件数は国軍総兵員数の激増せるに比すれ
 ば其の増加率は必ずしも大ならざるも軍紀犯は平時の数倍に達し就中軍紀
 上最も忌むべき上官暴行脅迫同侮辱犯激増し、逃亡、掠奪、強姦、賭博等
 の悪質犯及経理上の非違行為多発し、幹部の犯罪非行亦少からざることは
 其の特色とす而して犯罪の件数は時日の経過と共に漸増の趨勢を示し当興
 上官暴行、用兵器上官殺害等の悪質犯発生せるは特に注意を要する所なり

三、前項の外犯罪非行防遏上留意すべき主なる事項左の如し

 1 犯罪非行者の大部分は事件惹起当時飲酒を伴いあること
 2 悪質の犯罪は招集者特に後備役、予備役の者に多きこと
 3 事変地に於ける犯罪非行は敵前の者には比較的少なきに反し警備勤務
   者及後方勤務者に多きこと
 4 事変地に於ける犯罪非行は戦闘直後及駐軍間に多発し移動間特に戦闘
   間は少きこと
 5 事変地に於ては住民に対し徒らに優越感に駆られ生起する事犯多きこと
 6 内務の実施不確実に起因する事故多きこと
 (以下略)
コメント一覧
キュヒョン2021-10-15 00:48:33

9 名前: (続き) 投稿日: 1999/12/18(土) 01:31

一般的事項

七、軍隊内務の刷新を図るを要す

 支那事変下に於ける軍隊の内務は遺憾ながら極めて不振にして之に因由する
 幾多の事故を発生しあり一、ニの事例左の如し

 1 兵営は苦楽を共にし死生を同うする軍人の家庭にして融々和楽の間団結
   を?固にすべきものなるに拘らず相互融和の気風を欠き或は傷害事件を
   惹起し或は内務斑(宿舎内)は正常ならざる小言を受くる場所と化し或
   は私的制裁其の後を絶たざる等の為特に下級者は内務の起居を厭い遂に
   は逃亡自殺者を発生するに至りしもの少しとせず
 (以下略)


主として事変地に於て著意すべき事項

一、皇軍の本質並に今次聖戦の意義を的確に把握し其の行動をして之に即応せしむるを要す

 事変勃発以来の実情に徴するに赫々たる武勲の反面に掠奪、強姦、放火、
 俘虜惨殺等皇軍たるの本質に反する幾多の犯行を生じ為に聖戦に対する内
 外の嫌悪反感を招来し聖戦目的の達成を困難ならしめあるは遺憾とする所
 なり宜しく皇軍の本質並に今次聖戦の目的は抗日排日容共政権及其の軍隊
 を打倒し東洋永遠の平和を確立し新秩序の建設に寄興するに在りて決して
 一般民衆を敵とするものに非ざる所以を一兵に至るまで徹底せしめ其の行
 動をして之に即応せしむること肝要なり

五、事変地に於ては特に環境を整理し慰安施設に関し周到なる考慮を払い殺伐なる感情及劣情
  を緩和抑制することに留意するを要す

 環境が軍人の心理延いては軍紀の振作に影響あるは贅言を要せざる所なり
 故に兵営(宿舎)に於ける起居の設備を適切にし慰安の諸施設に留意する
 を必要とす特に性的慰安所より受くる兵の精神的影響は最も率直深刻にし
 て之が指導監督の適否は志気の振興、軍紀の維持、犯罪及性病の予防等に
 影響する所大なるを思はざるべからず

KONTA2021-10-15 00:51:36

西岡良仁2021-10-15 00:54:39

渡辺典子2021-10-15 00:57:42

平尾昌晃2021-10-15 01:00:45

TATSUKI(FlowBack)2021-10-15 01:03:48

玉木宏2021-10-15 01:06:51

エリック・ワイナイナ2021-10-15 01:09:54

麻倉みな2021-10-15 01:16:00

O-JIRO2021-10-15 01:19:03

TATSUKI(FlowBack)2021-10-15 01:22:06