『価格.com』や『食べログ』を運営し、13期連続増益、営業利益率は50%弱を誇る超優良企業『カカクコム』。

同社の創業者であり、『価格.com』の立ち上げ人でもある槙野光昭さんは、会社も自身も伸び盛りの28歳のときに会社を売却し、突如ビジネスの第一線から退く決断をします。

引退後はメディアに一切姿を現さず、ネットでは「悠々自適の生活を送っている」という噂も飛び交っていましたが、十数年の時を経て、槙野さんはまたビジネスの世界に戻ってきました。

その舞台は、なんと美容室。

あれから一体どんな生活を送り、なぜ起業家として復活し、美容室を始めようと思ったのか。
コメント一覧
野々村真2020-12-29 15:47:10

最新の経営方式とソーシャル活用のハイブリッドで成功したけど、ゴールではそこでなく、顧客(の趣味嗜好)データにあるというの、GAFAがネットでやってることのリアル展開ってかんじでおもしろい

戦慄かなの2020-12-29 15:50:13

自分も販売のためのスペック比較に価格コムかなり利用したし、HTMLに初めてふれたのフロントページだったし、お金持ちのところ以外は親近感ある。

マイケル・ジョンソン2020-12-29 15:53:16

価値のない人間が何をか喚いたところで接点のない人間は存在する。そもそもの話、こういう人間だけが結婚し、子を成すべきだと思う。それ以外は白い目で見られても文句言う資格はあるまい。