例えば、死生観。
死後の世界は、天国でも地獄でもない『黄泉の国』
生きたまま行くことが出来て、帰ってくることも出来る。

昔の人は、どう考えてたの?
コメント一覧

自然崇拝が悪いという道理は、とくにあるまい。
宗教に上下左右は元々無いはず。
それを利用しようとする者が、色や違いをつけようとする。

経文にも無為自然とあるじゃないか。仏教も別段、否定する
ものではない。仏教のおかげで、隋、唐等の大陸諸国との外
交バランスをとる事に成功したんだし。

いうなれば、仏教はあの当時のガットウルグアイラウンドや
テロリスト対策協定みたいなもんなんだよ。

守田達弥2021-10-10 04:49:40

仏教(というより禅だが)が入らなかったら武士道
なんてできんかったしな。

リチャード・ン2021-10-10 04:52:43

そもそも神道に統一的な世界観なんてあるのか?
あの世の観念ですら共通認識なんてないというのに。

>>385
無為自然は道教。

北野大2021-10-10 04:55:46

仏教も神道も理論とかよく判らない
しかし、八百万の神を感覚的に感じるし
鳥のさえずりをのんびり聞いていると幸福になれる
そんな古代の日本人が感じた心を俺も感じる
神道は世界に誇れるピュアな宗教だと思う

井上孝義2021-10-10 04:58:49


むしろニューエイジ系の発想だな・・・

ロミー・シュナイダー2021-10-10 05:01:52

>>373 古神道は電波、、、
 教派神道の方が電波っぽいとおもうぞ、、。教派のことはあんまり知らないが
おちばがえりに行ったくらいだな、、。近くの町に世界心道教とか言うのの
本拠地があるが、敷地の中からして電波だからな、、、。正門に天下りとか
親様とか言う文字がみえたが、あれは天理教からさらに派生した宗教なのか?

RAIKA(CYBERJAPAN DANCERS)2021-10-10 05:04:55

俺は三点リーダを使えないやつのカキコは信じない

古堅怜美2021-10-10 05:07:58

教派神道は電波なんていってたら、宗教ネタのフィールドワークなんてつとまらないっすよ。
まぁ、学問的には全て並列で等価値というスタンスに、悪態を投げつけられるのも体験してるけどね。
そこは「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!論文書いたら反省する!」の精神で押し切らねば(笑

松島みどり2021-10-10 05:11:01

>>389
ある意味神道という生きた宗教の現在形とも言える。

小川紗良2021-10-10 05:14:04

民俗宗教としての神道を考察するなら
古神道なんかどうでもいいと思うのですが。

霊学とか道術とか、そんな体系化されたものが
民間信仰の価値観に見出せるとは到底思えません。

宗本康兵2021-10-10 05:17:07

394>>
そうだね。
しかし民俗宗教としての神道を考察しないのなら、日本の神道など勉強
しなくとも道教や仏教を学べば、"神道"を真に理解し易いという罠。

体系化されたもののほとんどは借り物。逆に考察するべき"意味"が少ない。
民間信仰の価値観とは、中国や印度で生まれた事ではなく、日本で生まれた
オリジナリティの根源を語る要素として”価値”があるのだよ。

CHEN(EXO-M)2021-10-10 05:20:10

民俗信仰なんて民俗学者にとってしか価値ないだろ
ただの迷信のかたまり。

尾関宗園2021-10-10 05:23:13

記紀神話よりは教派神道の神話のほうが民衆的だよなあ。

二階堂ふみ2021-10-10 05:26:16

>>396
迷信とか俗信にこそ物事の本質が内在されているのだよ。

デムパな古神道を妄信するよりも真理がある。

民俗信仰をただの迷信と価値を認めない奴がこんな過疎板にいるというのが不思議。
ひょっとして、街宣活動の一環ですか(笑

飯島真理2021-10-10 05:32:22

迷信とされていることを調べたりするのが民俗学だと思っていたのだが、
どうやら違うらしいな。
高校の教科書と同じ答えが出ないとそれは学問では無いのだろうw

山崎あおい2021-10-10 05:35:25

>>400
それはいくらなんでも・・・
民俗学は迷信を含めた民俗全般が対象だから。
今なら「2ちゃんねるの民俗」っていう卒論を書いてる学生がいてもおかしくないw

>396や>398は単なる煽りでしょ。

少し前に話題になってた「人間創造神話」をある文献に見つけたので
メモ代わりにここに書いてみる

まず仏教や五行的な、観念的な人間創成の説明があり、ついで
天照大神が石のうえに小鳥がいて交尾しているのを見つけた。
その鳥が小さなしずくを落としたので大神が左手で取って右脇に挟み
九ヶ月すると物音がしたので何だ?と思ってみてみると父親にと同じ姿の
鳥ができていた。ああなるほどと思って「サウテン」という土をもって
男女の形を作り、魂を入れて、三尺の地下に埋めた。それから三年たって
そこから物音が聞えたので喜んで掘り出した。すると土も人間の姿になって
ひげも生え、物を言うようになった。これをはじめとして人間ができ、
世界中に広まった。中略。男は60歳でジジイ、おんなは40歳でババアである。
我々の心は拙いが、形は如来と同じである。中略。
男の数は19億4828人。女の数は29億4830人。以上、49億8万9658人である。
一日に1500人生まれ、1000人死ぬ。

イ・ドンウク2021-10-10 05:41:31

出典忘れた。
『日本記一 神代巻取意文』(1420以降?中世後期)

尾崎ナナ2021-10-10 05:44:34

>>395
お説ごもっともだがね。
研究は進んでいるのかね?

佐藤歩2021-10-10 05:47:37

今時、日本固有の信仰なんて本質論なんか、誰もまともに相手しないと思うが。

菅広文2021-10-10 05:50:40

つまりウリナラマンセー

河邑ミク2021-10-10 05:53:43

>>402
50億もの人口があって一日に1000人しか死なないとは
何と平和な世界なんだろう。

青柳翔2021-10-10 05:56:46

>>407
それは最初の時だけでしょ。
また、時間軸が違いますから。