見たところ似たスレがなかったので立てました。
茶坊主ぐらいしか知りません。どのくらいまで遡れるのでしょうか?
各時代のモラリティーとの関連もあわせて教えていただけると助かります。
コメント一覧
木村ユリヤ2021-10-10 12:16:45

典型的な逆アナクロニスムの意見ありがとう

正代直也2021-10-10 12:19:48

(^^)

清水章吾2021-10-10 12:22:51

(^^)

左幸子2021-10-10 12:25:54

(^^)

松岡モナ2021-10-10 12:28:57

   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

影山優佳2021-10-10 12:32:00

━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

ぱいぱいでか美2021-10-10 12:35:03

     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

諏訪ななか2021-10-10 12:38:06



同性愛や性同一性障害の子ができて苦しんでいる親御さんが沢山おられます。
同性愛や性同一性障害の出生前検査の研究推進にご理解とご賛同をお願いします。

矢野通2021-10-10 12:41:09


 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

辻沢響江2021-10-10 12:44:12

これは僕が読んだ書物によるものでありますが、日本における男の同性愛、男
色は決してマイノリティーではなかったようです。陰間茶屋は多く存在しましたし、
まだ舞台に立たない若い歌舞伎役者も、宴席に侍して男色を売ったということです。
男色関係を結んだもの同士における、殉死も多々あり、ごく一部は事件として残って
います。例えば、司馬氏の「龍馬が行く」にも出てくる井口村事件など。
平安の頃にも男色は見られ、後白河帝などはまあ、すさまじかったというほど。記録
もちゃんと残っています。(台記といいます)
いずれにしても、ここに参加しておられる方々の投稿をざっと読みましたが、皆さん
ここで議論する前に、もっと書物による基礎知識をつけるべきでしょう。
知識のないままに議論しても、身のない一般論に終始してしまうばかりで、そういう
僕自身もまだまだ満足なものをえてはいませんが、皆さんはもっと知識を得てから論
ずるべきであろうと思います。

鹿取義隆2021-10-10 12:47:15

ここは馬鹿の罵りあいの場だよ。
何か錯覚してるのぉ?
為になる議論なんか2ちゃんに期待すんなよぉ
浅薄な知識で頓珍漢な議論を楽しむところ。
山野某のような勘違いもいるけンどぉ (warawara

川原和久2021-10-10 12:50:18

■無料でオマンコが見れるのは独身貴族だけです■
■2000人限定ですのでお急ぎ下さい■
http://www.yahoo2003.com/akira/linkvp.html

玉城裕規2021-10-10 12:53:21

>>48
そんな硬い事言ったら、2ちゃんは成り立たない
軽い井戸端会議くらいに思えないの?

宮島ざいら2021-10-10 12:56:24

末尾5行がなければ皆に「ヘェー」とくらいは言ってもらえたかもしれんのに
損な性分なのだな、48殿は。

やおいの匂いがする・・・

中江兆民2021-10-10 13:02:30

´*:;,. ★ 〜☆・:.,;* http://www.gals-cafe.tv ´*:;,. ★ 〜☆・:.,;*

夏なのにカノジョがいなくてこまってるそこのアナタ!

同じくカレシのいないなつきちゃんに会いにこないっ?

一週間の間、10分間はカクジツにさんごはあなたのもの♪
え?それ以上?それはぁ・・・えへっ(≧▽≦)~~*
アナタがなつきにもっと会いたくなってくれたら、かな☆
ここで待ってるから、必ず来てね!来てくれないなら…おしかけちゃうぞ♪
´*:;,. ★ 〜☆・:.,;* http://www.gals-cafe.tv ´*:;,. ★ 〜☆・:.,;*

おねだり豊2021-10-10 13:05:33

あぼーん

太田奈緒2021-10-10 13:08:36

ttp://www.geocities.co.jp/Berkeley/9559/index.htm#Indextop

ダン・スバーン2021-10-10 13:11:39

我が国の歴史は衆道を抜きにしては考えられぬ。
男色を特殊視するようになったのは、明治維新以降に何でも
欧米キリスト教の価値観を受け容れるように成り下がってからの事。
そのくせ、現在「西欧先進国」で同性婚が法制化されているというのに、
日本では同性同士の結婚は、後進国並みに禁止されて居る。

イ・ヨンア2021-10-10 13:14:42

美輪先生も同性愛が軍国主義のせいで敵視されたことについて怒っていたね。

国山ハセン2021-10-10 13:17:45

丸山明宏は軍隊内で男色が盛んだった事を知らぬのかナ?

世間では産めよ増やせよで、同性愛を嫌悪する風潮が政府により作られたのだ。それが戦後も続いて、彼の知り合いで家族間で突き上げをくらい自殺する人もいたからだよ。

戦後まもなくゲイバーで働いていたんだから、軍隊でも男色があったのは知っていたんだろうが、その偽善性も怒った理由じゃないかな?

加計孝太郎2021-10-10 13:23:51

かつては僧侶の隠語では「高野山」=「男色」の意味があったそうです。
正直な話男の世界で女色がままならないとなりますと、
やはり手近な部分に触手が伸びるのは想定の範囲内であります。
1872(明治5)年まで女人禁制だったので、
男同士が一番手っ取り早かったのでしょう。

高野山ではかつての「似妻」の話や牝犬を飼う流行、
山のふもとに点在する売春宿の存在、
ことわざの「高野六十那智八十」など、
SEXの話には枚挙にいとまがないのであります。
参考 稲垣足穂『南方熊楠稚児談義』(1992年5月、河出書房新社。)河出文庫版

田野井健2021-10-10 13:26:54

なれば、男女両色を好むがままに自由に選択出来た武将たちが
何故に男色・衆道のほうを高く評価したのですか?